野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2019.11.06

「千成瓜」

隼瓜の通称ですね。

 

DSC_95491

 

さてついこの前まで暑い暑いと言っていましたが、もう瓜の季節です。

 

めずらしい瓜をいただきました。

 

一粒から、たくさん出来るから千成瓜と呼ばれているそうです。

 

もともとはメキシコとか中南米の方産地の物らしいですが、1917年に鹿児島に入ってきて、広まったそうです。

 

歯ごたえのいい瓜ですね。

 

信用百年、京都・五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ