野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2019.09.11

「ダイヤモンド ネックレス 買取りました」

ダイヤモンド ネックレス 買取りました。

 

DSC_85181

 

製品情報 ダイヤモンド プラチナ ネックレス

 

さていつの時代も定番はいいですね。

 

ダイヤモンドの品質基準の変遷については、前に少し書きました。

 

4C自体は、結構前からありますが、その測り方などは実はずいぶんと変化しています。

 

同じような定番に見える、ダイヤモンドカットですが、実は昔は、真上から見たときに大きく見えるようにカットしたり、

 

石の大きさを大きく記載するために、真横から見ると、側面を分厚くしたりすることも結構ありました。

 

その他にも、昔になると、旧カットと呼ばれたりする、現在の58面よりも少ない面でのカットになったりします。

 

ちなみに現在では、バランス良くカットするものが多いですね。コンピューターなど制度もあがったので、カットの技術そのものが昔よりも格段に上がっています。

 

ちなみに、カットのことばかり書いていますが、よく見るラウンドブリリアントカットで形成されるときも、原石から50%近く削り落してしまうこともあるそうです。

 

なんだかもったいない気もしますが、それぐらい計算された美しい形状だということですね。

 

信用百年、京都・五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。

 


ブログ一覧

画面トップへ