野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2019.05.22

「着物・きもの・キモノ 買取りました」

着物・きもの・キモノ 買取りました。

 

DSC_48641

 

製品情報 信州紬 上田紬 小岩井紬工房

 

さて着物はやはり全体に需要そのものが少なくなってしまったので、一般的なものにはほとんど値段がつかなくなりました。

 

ということは、ご存知の方も多いかと思います。

 

では、どんなものなら売れるのか?ということですが、「作家物」「証紙の付いているようなもの」このあたりでないでしょうか。

 

写真に写っているのが、証紙と呼ばれるものです。

 

信州紬は、地域によって「松本紬」、「上田紬」、「飯田紬」、「伊那紬」、「山繭(やままゆ)紬」などと呼ばれます。

 

ちなみに、製品情報に工房名まで書いたのは、上田紬を代表する工房だからです。

 

信州紬全体的な特徴として、草木染めが挙げられますが、なんとも言えない上品で柔らかい印象がありますね。

 

それでも買取となると、やはり基本的には買った値段よりもずっと安くなってしまいます。

 

なので、個人的には着られることをおススメいたしますが、やはりいらないということであれば、しっかり査定させていただきます。

 

査定は無料です。持ってくるのは大変でしょうし、お話だけでもかまいません。もちろん一枚だけお持ちいただければ、具体的な査定額もお出しさせていただけます。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ