野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2018.10.18

「オークション」

とても気になっていたあのニュースの話。

 

そう「バンクシーの絵が、落札直後にシュレッダー事件」です。

 

そもそも私は、このニュースで初めてバンクシーの名前を知りましたが、そもそも一億円越えで落札される人物ですので、もともと有名な方だったんですね。

 

生年月日など身元も本名も不明の人物だそうです。

 

もともといわゆる壁への落書き的なところから始まったそうです。

 

そして、有名な美術館の人気のいない展示室に勝手に自分の絵を飾って、しばらく誰にも気づかれないということで、取り上げられたりしていたり。

 

そして、あのシュレッダー事件です。

 

本人は、オークションによりその価値が決められてしまう。そのことに批判?をしてのことだったそうですが、結果シュレッダー後のほうが、倍近く価値があがった、というなんとも落語のような話です。

 

しかも、この事件でバンクシーの名前はよりいっそう世界中に知られることとなりました。

 

はたして、本人がどこまで予想していたのか、全くしていなかったのか、ますます気になる人物ですね。

 

またゾゾタウンの社長さんといい、なんだか芸術作品にある種の投資をすることが再びブームになっていますね。

 

人類は再び同じことを繰り返しますね。中世ヨーロッパの貴族と同じですね。

 

でも、やっぱりみんながいいと思う絵って、そんなにいいんですかね?

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ