野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2015.10.19

「質屋さんの利用法⑤」

今日も、質屋の便利な使い方を、それぞれの場面に合わせてご紹介いたします。

 

今日は、五十代のF次郎さんの場合

 

とある月のこと。

 

有限会社F商店を経営されているF次郎さん。

 

F次郎さん「あ~今月は資金繰りが苦しくて従業員への給料の支払いも苦しいな~。どうしよう・・・。」

 

    「とりあえず、来月になれば資金繰りの目途もついて、入ってくるんだけど・・・。」

 

    「あ~銀行の審査は時間がかかるし・・・」

 

とこんな場合こそ、質屋が便利です。

 

F次郎さん「あっ、そうだバブルで羽振りの良かった時に買ったこの時計を持って質屋にいこう!」

  

売掛金が入れば、元金と質料を支払って、質草(時計)を取り戻すことが出来ますので

 

「大切にしている時計を手放さなくても大丈夫」

 

「誰に迷惑をかけるでもなく、自分の資産の範囲でお金を借りられる、取り立てもないし安心」

 

しかも、「必要な分だけ借りられる」(例えば時計のお預かり相場が総額50万円あったとしても、30万あれば大丈夫な時は、30万だけ借りれば、出すときの支払いが楽です。質料もその分だけで済みます。)

 

このように質屋はとっても便利なシステムなんですよ。

 

もちろん「やっぱりもう今はしないし、お金になるんなら売ってしまおう」となっても大丈夫。

 

それでも、やっぱり質屋ってよくわからないわ、という方はご相談だけでも気軽にお待ちしております。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』で皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ