野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2019.02.16

「オパール 指輪 宝石 買取りました」

オパール 指輪 宝石 買取りました。

 

DSC_31551

 

製品情報 PT900 オパール ダイヤモンド リング

 

オパールは、写真に撮るのが、個人的にはとても難しいです。

 

撮ったことありませんが、オーロラを撮影するぐらいの難しさを感じます。

オパールの品質の見方について書くには、「遊色効果」について避けては通れません。

 

遊色効果は、さきほどオーロラの例えをしましたが、オパールの中にある、様々な色のことです。

 

その要因が科学的に解明されたのは、1960年代と言われていますので、割と最近ですね。

 

もちろん宝石自体は、古代ローマのころから存在していた歴史のある石です。

 

その色の原因は、粒子の集合体なんです。

 

私的に噛み砕いて言うと、土星の輪的な感じだと思っているのですが。

 

そして、色の違いも、その粒子の大きさに起因しているそうです。

 

小さい順に、紫、緑、赤となるそうです。

 

やや説明が続きましたので、本題に戻ります。

 

「いいオパールが欲しい!」と思った時は、とりあえず、値段は気にせずに、一番高いのと一番安いものと、間の物を見せて下さい。と言ってみてください。

 

すると、その違いがわかるかと思います。

 

いいオパールは、遊色効果が、きりっと出ているはずです。そうでないものは、ぼやっと出ているようにみえると思います。

 

よく赤が出ているのが、いいオパールだという話がありますが、前提条件を間違えてはいけません。

 

きりっとしていて、赤が出ている物がいいオパールなのです。

 

流通価格は、比較的安い方かと思いますが、デザインを考慮せず、石のみで考えるなら、3キャラット以上は欲しいところかもしれませんね。

 

そして、傷や乾燥に弱いなど、割とデリケートな石ですから、保管される際は、温度湿度変化の少ない場所がいいと思います。

 

野村質店では、宝石の評価もていねいにいたします。査定は無料ですので、お気軽にご来店ください。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ