野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2019.01.14

「ダイヤモンド 指輪 宝石 買取りました」

ダイヤモンド 指輪 宝石 買取りました。

 

DSC_30221

 

製品情報 ダイヤモンド K18 リング

 

さて一口にダイヤモンドといっても、その形(シェイプ)は実に様々なものがあります。

 

現在、一番ポピュラーなものがラウンドブリリアントカット呼ばれるものです。

 

婚約指輪なんかに見られる形で、真上から見ると、真ん丸の形をしたものです。

 

そして、真上から見たときに一番輝いて見えるように研磨されています。理論的には、真上から入ってきた光が、ダイヤモンドの中を通って、真上に抜けていくように計算されています。

 

写真のリングで言うと、サイドにはめ込まれている物がそうですね。では、真ん中に使われている物はというと「スクエアカット」と呼ばれるものです。

 

カットの話を全て書き出すと膨大になるので、割愛して書きますが、ラウンドブリリアントとスクエアカットは分類としては、前者はブリリアントカット、後者はステップカットと呼ばれるものです。

 

輝き方に違いがあって、言い方が難しいのですが、前者は外に向けて輝くように、後者は、内に向けて輝くように作られているのです。

 

なぜ色々な形があるのかというと、もちろん作りたいデザインのためという場合もありますが、採掘された原石の形によって、大きさ(カラット)が一番大きく残るように形成されることが多いからです。

 

ちなみに、カットの方法としては、その他にもクッションシェイプやローズカット、ブリオレットなど様々なものがあります。

 

カットひとつとってもダイヤモンドもとても奥の深い宝石なんです。

 

野村質店では、ダイヤモンドをはじめとして、様々な宝石をお取り扱いしております。

 

査定は無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

本日1月14日祝日も通常営業となっております。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 


ブログ一覧

画面トップへ