野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2018.06.14

「ダイヤモンド ネックレス 買取りました」

ダイヤモンド ネックレス 買取りました。

 

DSC_69601

 

揺れるタイプのペンダントトップです。

 

さてこのトップはホワイトゴールドと呼ばれる素材なのですが、意外とホワイトゴールドって何という方も多いのではないでしょうか?

 

というのも、ゴールドつまり金なのに、黄色くなて、白い(私たちは、この銀色っぽい素材をそう呼ぶのですが)ってどういうこと?と思われることがあります。

 

これはほとんどの場合、コーティングです。いわゆる普通の金色の上に、白い素材を乗せているんです。

 

例えて言うと、普通のゴールドが、お菓子のプリッツだとすると、ホワイトゴールドはポッキーのようなものです。

 

なので、ホワイトゴールドの品物は長いことに使っていると、擦れて下地の金色が見えてくることがあります。

 

ちなみに、プラチナはもともと白なので、どんなにこすれてもずっと白いままです。

 

だからといって、どっちの方がすぐれているという話でもありません。実際にプラチナの白とホワイトゴールドの白は同じではないですし。

 

そして、もうひとつおまけに、ピンクゴールドありますよね?あれはコーティングではないので、ずっとピンクゴールドです。

 

絵具を想像してみてください。黄色に赤を混ぜると、ピンクっぽくなりますよね。

 

その調整具合で、赤みのグラデーションが作れるというわけです。ずばりカルティエのトリニティリングなんかがそうですね。

 

たぶんですけど、さすがに混ぜて白くは出来なので、ホワイトゴールドはコーティングという方法が取られているのだと思います。

 

というわけで、金の色の話、色々でした。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。

 


ブログ一覧

画面トップへ