野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2017.05.24

「キャノン Canon カメラ・レンズ 買取りました」

キャノン Canon カメラ・レンズ 買取りました。

 

DSC_12381

 

キャノン EF 70-300㎜ f1:4-5.6 IS USM

 

ところでこの上の文字とか数字の羅列って何かご存知ですか?

 

意外と、セットで買われていたりすると知らない方も多いかもしれませんね。

 

あっ、ちなみにここから書くことは全てキャノン様のHPに詳しく説明されておりますので、詳細はそちらでご確認ください。

 

まず「EF」です。なにかって言われると対応マウントです。マウントとはボディとの口が合うかということです。

そしていわゆるEOSシリーズに対応しておりミラーレスのMマウント以外なら基本的に装着可能だということです。

 

そして「70-300㎜」これは焦点距離を表しており、大きくなるほど遠くのものでもピントが合って撮れます。

逆に小さくなるほど広角で、幅広い面を撮ることが出来ます(目に見えている範囲に近づきます)。

 

次に「f1:4-5.6」です。専門用語でいうF値を表しています。レンズの明るさなんですが、レンズが明るいってどういう意味かと思いますよね?

これも感覚になりますが、値が低い方がより明るくなり、目に見えているような明るさに近づきます。

 

まとめて「IS」「USM」です。「IS」は手ぶれ補正機能が付いているということです。そして「USM」は超音波モーター搭載をあらわしてます。

最近のレンズは、レンズそのものに手ぶれ補正だったり、モーターで素早くピントがあったりします。だから最初に言っていたマウントの一致が必要になってくるのです。

レンズとボディの口(銀色の部分)でそういった情報が伝達されているのです。すごい時代ですね。

 

簡単に書こうと思い書き始めましたが、伝わったのでしょうか?たくさん省略してますので、詳しくはメーカーHPでご確認ください。

 

そして野村質店ではカメラ・レンズも幅広くお取り扱いしております。お気軽にご相談ください。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ