野村質店のブログ 七つ屋大福帳

2016.11.16

「宣徳 置物 香炉 骨董品 買取りました」

宣徳 置物 香炉 骨董品 買取りました。

 

 

 

dsc_01211

 

玉乗りの唐獅子ですね。

 

宣徳ってまず読み方わかりますか?

 

正解は「せんとく」です。

 

なんのことかというと、素材の名称です。

 

中国は明の時代に宣徳と呼ばれる年号がありました。その時に作られていた真鍮製の器物などに宣徳と刻印が多かったことから、後の日本でも真鍮製のものをそう呼ぶようになりました。

 

厳密には、現在の純粋な真鍮ではなく、銅や亜鉛の配合されたものに混ぜ物のされたものをそう呼んでいます。

 

何となく風合いや色が違います。でもなんとなくですね。

 

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。


ブログ一覧

画面トップへ